看護師

大腸がんの原因を突き止める|生命を揺るがす病魔

サービスを活用する

案内

透析治療は定期的に行う必要があるので、生活に占める割合も大きくなります。世田谷区では透析治療を行う方のための送迎を行ったり、夜間や休日に透析治療を行えるようにしている医療機関が多くあります。ライフスタイルに合わせて必要なサービスを受けるようにして、生活をより一層充実させましょう。

詳細

早期発見が大切

カウンセリング

十二指腸は胃から来た食べ物に消化液を混ぜて小腸に送り出すという働きを行っています。十二指腸がんの多くは良性の十二指腸ポリープから発生します。このポリープを作らないためには、バランスの良い食事とストレスをためないことが効果的です。

詳細

大腸を守るために

女性

発症の回避と早期発見

大腸がんは、発症する人も、発症することで生命を失う人も、年々増加しているということで恐れられているがんです。増加の原因は、食文化の欧米化と高齢化とにあります。特に、日頃から肉類を多く食べている50歳以上の人が発症しやすいというデータが出ています。逆に言えば、野菜中心の食生活にすることで、発症を回避しやすくなるということです。また、ある程度年をとってからは、定期検診を受けるようにすることで、早期発見および完治が可能になります。また、自分自身でも体調のチェックをしっかりとおこなうことが大事です。たとえば程良く太い便が出ているかどうか、便に血液が混ざっていないかどうかを確認するのです。こういった症状は、大腸がんの初期症状の可能性があるので、気付いた場合には早めに検査を受けることが大事です。

具体的な治療方法

大腸がんは、早期発見ができた場合には、肛門からの内視鏡の挿入による治療で完治させることができます。内視鏡を病巣まで挿入し、先端についているワイヤーで腫瘍の根元を縛り、その状態でワイヤーを電流で熱するのです。こうすることで、果実をもぎ取るように腫瘍を大腸から除去することができるのです。しかし大腸がんがある程度進行している場合は、開腹手術で除去することが必要となります。お腹を切開し、大腸も大きく切り開き、腫瘍を完全に露出させてから、切除するのです。腫瘍が広範囲に広がっている場合には、大腸そのものが部分的に切り取られます。つまり、大腸が短くなってしまうということです。その分体の負担も大きく、治療後の生活における制限も多くなるので、そのため大腸がんは早期治療が大事とされているのです。

遺伝ではないがん

病棟

子宮頸がんは遺伝ではなく、ウイルス感染によって発症するがんです。そのウイルスは粘膜の接触によって感染する為、性体験のある女性は誰でも子宮頸がんになる可能性を持っています。しかし、子宮頸がんは予防ワクチンを打つことで十分に予防することができる病気です。

詳細