遺伝ではないがん|大腸がんの原因を突き止める|生命を揺るがす病魔
レディー

大腸がんの原因を突き止める|生命を揺るがす病魔

  1. ホーム
  2. 遺伝ではないがん

遺伝ではないがん

病棟

病気の原因は

子宮頸がんは若い女性がかかりやすい病気で、特にここ十数年で患者が増えています。がんというと遺伝的なものを想像する人が多いですが、子宮頸がんは遺伝は関係なく、ウイルス感染が原因で発症するのです。そのウイルスとはヒトパピローマウイルス(HPV)というもので、このウイルスは粘膜の接触によって感染します。このHPVは性交渉によってのみ感染するものですが、特別なウイルスというわけではなく、性体験のある女性の多くが感染経験があるといわれています。感染していても症状が出ず、普通に妊娠や出産をする人も多くいます。多くの女性がウイルスを保有しているにも関わらず、子宮頸がんを発症するのが少数なのは免疫力などに個人差があるからです。

発症する人しない人

性体験のある女性の多くが感染しているHPVですが、がん化する人もいればしない人もいます。その違いは何なのかというとウイルスの型によります。このウイルスは100種類以上もあり、リスクの高い型から全く影響の無いものまで様々です。しかし、リスクの高い型に感染していてもがんを発症しない人もいます。それは通常、自分の持っている免疫によってウイルスを排除したり、体に影響が出ないよう潜伏させているため、発症しないことが多いからです。ただ少数の女性はウイルスを排除できず感染状態が続き子宮頸がんを発症してしまいます。しかし、子宮頸がんはワクチンを打つことでリスクの高いウイルスの型に感染しなくなるので、予防ワクチンを打つことで予防できます。