早期発見が大切|大腸がんの原因を突き止める|生命を揺るがす病魔
レディー

大腸がんの原因を突き止める|生命を揺るがす病魔

  1. ホーム
  2. 早期発見が大切

早期発見が大切

カウンセリング

手術が代表的な治療法

胃と小腸の間にある消化管を「十二指腸」といいます。胃から食べ物が入って来ると、胆汁やすい液によって消化を行い、次の小腸に食べ物を送り出すのが十二指腸の働きです。この十二指腸の細胞ががん化すると十二指腸がんとなります。初期には目立った症状はありませんが、消化を担っている臓器であるため、進行すると色々な症状が出てくるようになります。例えば、吐き気や腹痛、体重減少などが挙げられます。十二指腸がんの代表的な治療法は手術で、胃の一部やリンパ節をともに切除する場合もあります。早期に発見でき、がんが深く入り込んでいなければ内視鏡治療を利用できます。内視鏡を用いて腹部を切り開かないでがんを切除するという方法で、体に負担をかけずに治療することができます。

良性のポリープから発生

十二指腸がんの約8割は十二指腸ポリープという良性のポリープから発生します。そのため、この十二指腸ポリープを作らないことが十二指腸がんの予防に有効といえます。ポリープができてしまう原因には、偏った食習慣が挙げられます。特に、辛いものや極端に熱かったり冷たかったりするような刺激の強い食べ物がポリープの原因となります。タバコやお酒を控え、栄養バランスのとれた食事を摂ることが予防につながります。また、食事の際には物をよく噛むことも大切です。ポリープを作らないためには精神的なストレスをためないことも大切です。適度に運動を行い、趣味を作ってストレスを発散させるとよいでしょう。十二指腸がんは前述したように初期にはほとんど症状のない病気です。定期的に検診を行ってポリープができていないかチェックするのも予防につながります。